MacBookユーザー大学生が最初に買うべき周辺機器3選!

大学生一人暮らし
大学生になってMacBookを買ったはいいけど、どんな周辺機器が必要か分からない…
こんなお悩みにお答えします。

みなさんこんにちは!大学4年生のどら(@Doradora_blog)です!

現役大学生で、MacBookユーザーである私が、まず最初に揃えるべき周辺機器を3つ厳選してお教えします!

 

MacBookを買ったはいいものの、周辺機器の種類が多すぎて、まず何を買えばいいか分かりませんよね…

この記事をお読みいただければ、大学生MacBookユーザーが最低限所持すべき周辺機器を知ることができます。

 

 

スポンサーリンク

MacBookを大学で使う際に必須の周辺機器

結論から言うと

①変換アダプター
②USBメモリ
③PCケース

の3つがあれば大学生活は乗り切れます

ここから、なぜそれらが必要なのか?どんな場面で使用するのか?について解説していきます。

 

周辺機器①:変換アダプター

まず、変換アダプターは必須です。

なぜなら、MacBookのインターフェースはUSB Type-Cだからです。

よく見るUSBはUSB Type-Aと呼ばれていますが、MacBookには挿さりません。

下の画像の左がUSB Type-A 右がUSB Type-Cです。


MacBookには右のUSB Type-Cしか挿せないので、Type-Aも挿せるようにするために変換アダプターが必要になります。

 

また、大学では「プレゼン」をすることがあります。

プレゼンをする際には講義室のプロジェクターとPCを接続してプレゼン資料をモニターに写す必要がありますが、そのままではMacBookには挿さりません。

挿すにはVGAもしくはHDMI端子が必要になるので、変換アダプターが必要です。


 

周辺機器②:C端子付きのUSBメモリ

次に、USBメモリも必須です。

理由は、データを保管するのに必要であり、外部で書類を印刷する際にも必要だからです。

コンビニや図書館のプリンターを使用するには、USBメモリからデータを移す必要があるのでUSBメモリを持ち歩く必要があります。

 

また、MacBookユーザーはUSB Type-A 右がUSB Type-Cを両方使用できるUSBメモリを購入してください。

理由は、USBメモリを挿す際に変換アダプターを毎回取り出すのは非常に面倒だからです。

また、友人とデータのやり取りをする際や、プリンターでUSBメモリを使用する際にUSB Type-Cがしようできないことも多いので、両用のものを買うと非常に便利ですよ。


周辺機器③:PCケース

最後に必須の周辺機器はPCケースです。

必要な理由は、大学生はPCを持ち歩く機会が非常に多いからです。

図書館やカフェでのレポート作成や、授業に持ち込んでプレゼンを作成することがあります。

持ち歩く際にケースに入れずにリュックに入れると瞬く間に傷がつくので、ケースは必ず購入しましょう。

 

まとめ

大学生がMacBookを買ったらまず購入すべきなのは、

①変換アダプター
②USBメモリ
③PCケース

の3つです。

もちろん他にも「あると便利」な周辺機器はありますが、まずはこのブログでご紹介した3点を揃えてみてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました